Home > 日々の思い > 「押阪忍さんアナウンサー生活50周年記念の集い」

「押阪忍さんアナウンサー生活50周年記念の集い」

1208001.JPG
12月1日、京王プラザホテルで「押阪忍さんアナウンサー生活50周年記念の集い」が開かれました。かつて私が担当していた番組に押阪さんが出演して下さったり、奥様の栗原アヤ子さんとは東京ドームで開かれたイベントで一緒に司会を担当したことがあり、その御縁で声を掛けて頂き出席したのでした。華々しい活躍を続けてきた押阪さんだけに、会場には本当に大勢のテレビ、ラジオ、雑誌、広告関係の方々が集まり祝賀ムードが一杯という雰囲気でした。私自身はこの世界で生きてまだ41年ですが、押阪さんの仕事の幅の広さと人脈の厚みに圧倒される感じがしたものです。

この会の司会は押阪さんの長男で、FM放送でDJやディレクターをしている押阪雅彦さん(SOプロモーション代表取締役社長)が担当しました。御父さんとは少し感じが違いますがなかなかシャープな顔立ちの方です。雅彦さんの進行に御父さんが時々入ってきてペースアップを促したりするのですが、その御父さんの表情には立派に成長した息子のことが嬉しくて仕方がないという気分が伺えました。

会場では、スクリーンに映し出された押阪さん50年のテレビやCMでの活躍ぶりを皆が懐かしみあちこちで思い出話に花が咲いていました。そして押阪さんと仕事などを通して関わりのあるアナウンサー司会者が壇上に呼ばれました。朝岡聡さん、生島ヒロシさん、大沢悠里さん、小倉智昭さん、梶原しげるさん、岸ユキさん、佐々木信也さん、東海林のり子さん、鈴木治彦さん、鈴木史朗さん、鈴木文弥さん、高嶋秀武さん、露木茂さん、徳光和夫さん、福留功男さん、南美希子さん、そして私の合計17人です。

1208002.JPG
それぞれが押阪さんとの思い出話やお祝いの言葉を述べるということで、17人いますからそれだけで50分くらいの時間が過ぎてしまいました。面白かったのは、立教大学5年後輩の徳光さんが学生時代洋品店でアルバイトをしていたとき、結婚前の押阪さん栗原さんお二人がその店に仲良くやってきてお互いにマフラーなどを買ってプレゼントしあったそうで、「そのときの応対をしたのが実は私だったとはご存じなかったでしょう」と語って、とっておきの実話で押阪夫妻をびっくりさせたのです。そして更に「押阪さんはテレビ朝日に勤めていたとき局の仕事よりアルバイトに精を出しそれによって豪邸を建ててしまったのです」などとジョークを交えて先輩に迫ったりして場内を沸かせました。とどめに、「もっと時間があったら『みのもんた』さんについても語りたい」と笑いを誘っていました。

1208003.JPG
かつて、プロ野球二ュースで一緒に仕事をした佐々木信也さんは押阪さんの声の感じが昔と少しも変わらないのが素晴らしいとその元気さを褒め、それは夫婦の仲が良くお互いを大切にしているからだ、私のところがそうだから間違いないですと力説されました。皆も納得です。私は高校から大学生時代にテレビで見た押阪さんの印象「話術は勿論、ハンサムで格好良くとても好感のもてるアナウンサーが遂にテレビの世界に登場したと感じ、テレビ時代の到来を実感した」というよう話をさせて頂きました。いずれにしても、これだけの数の司会者たちが顔をそろえる事は珍しく、改めて押阪さんの人的ネットワーク力には頭が下がります。楽しい催しでした。

Home > 日々の思い > 「押阪忍さんアナウンサー生活50周年記念の集い」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ