Home > 日々の思い > 「私たちができることは」

「私たちができることは」

民主党の小沢一郎代表が進退をめぐってどのような結論を出すのかが注目されています。

最初に容疑事実が単なる形式犯的なものと見た小沢代表は、衆議院選挙を控え民主党が優勢で自民党が極めて不利といわれる今日の政治的な状況に手を加えようとする意図を持った所謂国策捜査だとこれを突っ撥ねる姿勢を見せましたが、その後大久保容疑者が西松建設に献金要請リストを送っていたなどという事実が明らかにされて世論も小沢代表に責任があるのではと厳しい見方をしていることを感じたせいでしょうか、取り敢えず国民に謝罪し今後の流れを見極めようという様子見作戦に切り替えてきました。ただ自民党の腐敗堕落を糾弾し不正のない社会にしようというのが民主党の主張なのですから、その代表が政治資金規正法に触れる行為をしていたのではないかと指摘されただけでも民主党にとっては大問題だと思うのです。

本来筋論で言えば、即刻辞任して代表の座を降りるということこそ小沢代表が取るべき行動だったと思います。ところが彼に直言できる人は誰もおらず、民主党の議員たちもじっくり様子見作戦に出るわけですから、この党も機能不全に陥っていると指摘されたとしても致し方ないように感じられます。今や右を見ても左を見ても国民から信頼され尊敬されるような政治家が見当たらなくなったのは本当に寂しく悲しいことです。でも嘆いているだけでは事態は改善されません。国民に与えられている選挙権を最大限に行使して、切ない作業ですが絶対的な価値判断ではなく候補者を比較対照して相対的に良いところを持っている人を議員として送り出すということを実践していかなくてはもうどうにもなりません。

しっかりと仕事をしている政治家には拍手を送るべきですし、真面目に仕事をしていると思えない政治家にはブーイングの気持ちで退場を促したいですね。国民にとって大切なのは政治を司る人たちが国民のために、国民の立場に立って仕事をしてくれるか否かということなのですから。

Home > 日々の思い > 「私たちができることは」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ