Home > スポーツ > 「WBCは無事閉幕しましたが」

「WBCは無事閉幕しましたが」

第2回WBCは延長戦にもつれ込む大接戦の末イチロー選手の決勝タイムリーで韓国を降して日本が優勝、大会2連覇を飾りました。もともと長くスポーツアナウンサーとして放送の世界に携わっていましたのでなるべく客観的に相対する双方のチームを見る習慣が身についています。そのため今回の決勝戦についても日本と韓国の総合的な戦力という視点から冷静に試合の展開を予想していました。

投手力に関しては岩隈投手の安定したピッチングが光っており大崩れはまず考えられないのでこの面では日本がやや優勢と感じ、攻撃力では韓国も素晴らしい打者を揃えていますが日本は打線全体に繋がりが出てきているのでここではほぼ互角に見えました。ですから、後は団結力で勝っていることが重要な要素だと思いました。それまでの戦いではここ一番の勝負強さでは韓国が上回っていたことは否めない事実でしたから、その点も考慮に入れますと正直どちらが勝つと思うかと問われても答えに窮したのは間違いありません。

決勝戦が始まって、予想通り岩隈投手のピッチングは冴えていました。展開から言うと日本はもっと上手く得点を積み重ねていけたはずですが、韓国の踏ん張りも素晴らしく1点を争う大接戦になりました。3-2で9回裏の韓国の攻撃で抑えに回ったダルビッシュ投手が1アウトを取った時にはこのまま逃げ切れると思ったのですが、優勝への道は思うほど近くはありませんでした。韓国は同点に追いつきます。得てしてこのような流れで追いつかれてしまうと追いついた側が有利になりそうなものですが、そのようにはさせなかった今大会の日本チームは精神力も含めて相当な強さを持っていたと思います。

追いつかれた直後にチャンスを作ってイチロー選手のタイムリーヒットで突き放したのですから正しく実力の有るチームの戦いぶりでした。大会に入る前は私自身日本の2連覇は各国チームの力の入れ具合を見るとちょっと難しいのではないだろうかと考えていました。しかし今大会の日本は第1ラウンド、第2ラウンド準決勝、決勝と進んでいく中で誰かが不振の時は他の選手がそれをカバーし、全体にチームとしての見事な繋がりや連帯が出来上がっていて、試合を体験するたびにより素晴らしいチームへとレベルアップしていったように見えました。振り返ってみると誰か一人が傑出して活躍したというのではなく全員がとてもバランスの取れた形で勝利に貢献したように感じられ、全ての野球ファンに野球の素晴らしさを再認識させてくれたように思います。

日本はこれでWBCでは2回連続のチャンピオンになり本当に嬉しいことですが、若干まだ複雑な思いも残ります。というのは、野球の本場アメリカが今回の大会にもベストメンバーを注ぎ込んでこなかったからです。アメリカにはもともとメジャーリーグこそが世界最高水準の野球の舞台で、ワールドシリーズがその頂点を決するものという思いが底辺にあるのでしょうし、ペナントレース開始直前ということもありMLBの殆どの球団も選手の故障やそれに伴うチーム力の低下を恐れるが故に主力選手を出したがらないという切実な状況があります。ですからアメリカを本気にさせるのはなかなか難しいところです。WBC次の大会は4年後ということです。日本や韓国をはじめ他の出場国がアメリカ代表チームを完膚なきまでに圧倒して敗退させれば少しはアメリカも本気モードになるのでしょうが、それにはまだまだ時間がかかりそうですね。

Home > スポーツ > 「WBCは無事閉幕しましたが」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ