Home > スポーツ > 「WBC第2ラウンド開幕」

「WBC第2ラウンド開幕」

WBC第2ラウンドが始まりました。今朝は早くから起きてテレビ観戦し応援された方も多かったことでしょうが、日本が強敵キューバを6-0で破ったのですから言うことはありませんね。

日本としては第一に投手陣の踏ん張りが見事だったと思います。先発松坂はルール上の問題で大リーグとの練習試合に登板できずキューバ戦がアメリカでの試合としてはぶっつけ登板となり心配されましたが、立ち上がりのピンチを切り抜けてからは球の切れ、コントロール共に素晴らしく大リーグエース級のピッチャーの力を十分に見せてくれました。二人目の岩隈も馬原、藤川も全く危な気の無いピッチングでキューバに付け入る隙を与えませんでした。勿論日本に先制点を取られさらに追加得点を許してしまったため、キューバ打線が焦って悪球に手を出し、さらに力で圧倒しようと力んでバットを振り回すだけだったということが幸いしたという面があったことも否定できません。

一方打線はしっかり投球を捉えてセンター方向に打ち返す気持ちが非常に良く表現されていてそれが6点に繋がったのだと思います。アジアラウンドの最初の韓国戦の時もそうでしたが日本は自分たちの攻めのパターンに入ったときにはかなり得点能力のあるチームだと言えると思います。問題は1点を争う接戦になったときにも同じ攻めができるかどうかでしょう。恐らく次は明後日の韓国戦(正確には韓国対メキシコの勝者)になるでしょうがその辺りが見ものですね。この大会は敗者復活があるので一度だけのミスは許されますがそれがどんな形で全体に影響を与えるのかが見えません。アメリカも初戦で躓きました。第2ラウンドの戦いもう少し注意深く様子を見る必要がありそうです。

Home > スポーツ > 「WBC第2ラウンド開幕」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ