Home > 日々の思い > 「爆笑!ふれあいコメディ こちらかきくけ公園前」

「爆笑!ふれあいコメディ こちらかきくけ公園前」

去る9月17日、大阪の「なんばグランド花月」に行きました。朝日放送(ABC)で放映中の「爆笑!ふれあいコメディ こちらかきくけ公園前」にゲストとして出演するためでした。レギュラー陣は交番のお巡りさん役の陣内智則さん、弁当屋「ふじい亭」の店主役の藤井隆さん、コヤブ医院院長役の小藪千豊さん、工事現場作業員役の池乃めだかさん、コヤブ医院ナース役の友近さん、ストリートミュージシャン役のNON STYLE井上さん、石田さんの他に、未知やすえさんや浅香あき恵さんなど芸達者な皆さんが勢揃いして織り成す人情コメディに毎回ゲストが招かれて参加するものなのです。

第25話の放送回のゲストとして御指名を受けて出演することになったのですが、当日の1週間くらい前からプレッシャーがかかり「大丈夫だろうか。皆さんの芝居の流れを阻害したりしないだろうか」と悩み始めました。3日前に台本が手元に届き読んで見ると、私の役は近くの板金工場の社長で、コヤブ医院にて健康診断を受けたところ余命3か月の重病に侵されていて、もう手の打ちようが無いと宣告されて苦悩している立場の人間だったのです。

芸人さんのように上手く演じることはできないでしょうが、セリフだけは全て頭に入れて周りの皆さんに迷惑を掛けないように頑張ろうと決心して備えました。当日は午後2時過ぎから本読みリハーサル、ドライリハーサル、本番に備えてのリハーサルを行い、午後7時半から本番の収録が始まりました。生の舞台劇は勿論初めてだったので大変な緊張状態でしたが、普段は司会者の私がこの場に出てくるとはさすがに観客の皆さんも全く想像もしていなかったようで、いざ私が舞台に登場したときにはびっくりして今まで聞いたことのないような大歓声で迎えてくれました。逆にこれで気持ちが収まり何とか皆さんに迷惑を掛けないで済んだようです。

それにしても陣内さん、小藪さん、池乃めだかさん、友近さんをはじめ出演者皆さんが台本の流れに沿いながらもアドリブを雨あられと繰り出して傍にいて思わずくすりと笑いそうになることもしばしばでした。その中で、台本上では池乃めだかさんが浅香あきえさんに向かって「もういい、もう沢山だ。お前は何時からそうなってしまったんだ。昔はそんなじゃなかった。このガーリック」と罵ることになっていたところを、本番で突然「このブロッコリー」とアレンジしてしまったものですから、その言葉を受ける浅香さんが瞬間言葉に詰まるシーンがあり、結局出演者全員が大笑いしてしまいました。

このような展開で私自身も段々その雰囲気の中に包まれていくところでエンディングとなりました。観客の笑いを取ることに執念を燃やして舞台に上がっている人たちのプロフェッショナリズムに圧倒された今回のお仕事でした。彼らの持っているものから自分の仕事にも生かせることは無いのか、改めてじっくり分析してみようと思いました。

Home > 日々の思い > 「爆笑!ふれあいコメディ こちらかきくけ公園前」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ