Home > スポーツ > 「バンクーバー五輪が終わって」

「バンクーバー五輪が終わって」

バンクーバーオリンピックは無事に終了しました。やはり日本国内で一番盛り上がったのは日本時間の2月26日(金)の午後行われた女子フィギユアスケートのフリースケーティングでしたね。視聴率は平均で36.3%最大瞬間視聴率は46.2%だったといいますから、この時日本全国でテレビをつけていた家庭の7~8割の人々が浅田選手の演技に釘付けになっていたことになります。

結果は御承知の通り浅田真央選手は2度のトリプルアクセルを成功させたものの他のジャンプでのミスもあって2位に終わりました。残念ながら日本の女子フィギュア悲願の金メダル獲得はなりませんでしたが、内容的には205.50点という自己最高得点を記録し、堂々と胸を張れる銀メダルを獲得しました。宿命のライバルといわれた韓国のキム・ヨナ選手がミスのない完璧な演技を見せて228.56点をマークしたので、これはもうキム・ヨナ選手を賞賛するしかないですね。

この二人の素晴らしいライバル同士は、各々がそれぞれに素晴らしい特長や個性を持った甲乙つけがたい選手なのですが、今回は精神面でキム・ヨナ選手が浅田選手より少しだけ上だったように思えるのです。というのも、ショートプログラムではキム・ヨナ選手の目の前で浅田真央選手がほぼ完璧な演技を見せました。ライバルにはプレッシャーを与えてもおかしくないほどの好演技でしたが、キム・ヨナ選手は浅田真央選手の得点をちらっと目にしただけで何時も通り平然として演技に入り、ノーミスの演技でトップに立ったのでした。

この後のインタビューで「浅田さんの高得点は気になりませんでしたか」と問われてキム・ヨナ選手は「得点は確認しましたが、気持ちに動揺は全く有りませんでした。何故ならオリンピックでは神様に選ばれた人たちが金メダルを取れるのだと考えていたので、自分の演技をするだけだと思ったからです」と答えていたのです。恐らく自分の到達しているレベルの演技をきちんとやれば自ずと結果は付いてくるという確信がそう言わせたのだと思います。相手がどんな演技をしようとも自分がやるべきことは変わりなく決まっている、というのは極めて高いレベルに到達して認識できるものなのでしょうね。逆に浅田真央選手はショートプログラムでリードされ、フリーでも目の前で完璧な演技を見せられ、一点の乱れも見せられないと追い込まれてしまったところに僅かな狂いが出てしまったようです。

キム・ヨナ選手が身に付けた自己規律力、セルフコントロール力は本当に見事でした。敗れたとはいえ立派な銀メダリストの浅田真央選手がここからどう自己を昇華させていくのか注目したいですね。

Home > スポーツ > 「バンクーバー五輪が終わって」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ