Home > 日々の思い > 「検察の責務」

「検察の責務」

障害者団体向け割引郵便制度をめぐる偽の証明書発行事件で、厚労省の村木厚子局長を有罪にするために取り調べに当たっていた大阪地検の前田恒彦検事が証拠とするために預かっていたフロッピーディスクを勝手に書き換えていた問題ほど世間を驚かせた事件は無いでしょう。

今回は前田検事が、証拠改竄についてその痕跡を残したままにするなど処理に詳しくなかったためにその行為が明るみに出ましたが、もしこれがハッカー並みの技術を持っている人であったら改竄そのものも誰にも知られないままになっていた可能性もあり、こんなに怖い事件はありません。つまり検察がいくらでも事件を作り上げることができ得るという点で国民に恐怖感を与える事件なのです。

このような考えられないことが起きてしまう背景には、事件についての検察の見通しに沿った供述が得られないと起訴ができず上層部から厳しく叱責されることがあるため、証拠に手をつけてしまったのではないかというような見方も出ているのですが、それは自分たちの仕事を全否定してしまう行為に他ならないと思います。検察の責務は悪を排し正義を貫く以外にはあり得ません。前田検事の行為は実はそれを知った同僚の検事などを通して上司にも伝えられていたとのことで、これに蓋をしてしまった上司たちの責任は前田検事以上に重いと言われても致し方ありません。

日本全体に広がっている倫理観の後退や前向きのエネルギーの欠如は誰もが感じていることではありますが、社会の基本的な枠組みの部分にそれが及び始めたら危険極まりないことです。最高検が調べを進めていますが膏薬を貼って痛みを鎮めるのではなく、膿を全部摘出してしまうことができるかどうか注目していなければなりませんね。

Home > 日々の思い > 「検察の責務」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ