Home > スポーツ > 「天皇賞 秋」

「天皇賞 秋」

  • Posted by: 草野 仁
  • 2011年10月30日 23:18
  • スポーツ

10月30日(日)、今日はテレビ番組の収録があり、東京競馬場には行けない日でした。従って、その日のレースはテレビで様子を見守るしかありませんでした。

先ず第3レース新馬戦に一口加入しているシャンボールフィズ号が出走してきました。調教を通して小島太調教師は「これ程動く馬を見たことが無い」と言っていたようです。テレビのパドック中継では落ち着きがあって良い雰囲気の馬でした。圧倒的な人気を背負ってレースに臨んだシャンボールフィズ号は良いスタートを切って4、5番手を追走。4コーナーから外へ出して手綱をちょっと動かしただけでいとも簡単に先頭に立ちそのまま独走態勢に入り楽々ゴールイン。「強いな」と思わせるレースで新馬戦を飾りました。騎乗したルメール騎手によると、自分は何もしなかったのにこの強さは「怪物級」な感じだとのことです。馬体が420キロ台とちょっと小さめなのですが、持てる能力はかなりのものがありそうで今後が楽しみです。

一方、京都7レースにはランブリングローズ号が出走。スムーズなレースで直線一端は先頭に立ちましたが最後伸び脚を欠いて4着に終わりました。でも本当にいつも一生懸命がんばってくれて嬉しい限りです。

そしてこの日のメインレース、天皇賞にはブエナビスタ号が出走。この馬に3回目の騎乗となる岩田康誠騎手がどんな乗り方をするのかが注目のポイントでした。5番枠からスタートしてどのあたりで直線外に出すのかそこだけが見所だったのです。スタートは問題なく位置取りは中段とこれまでより少し前にとります。さあ、どの辺で外へ行くのか見ていたところ、一番内をつきました。良馬場ですからどの馬も内に入って来ます。結局行くところ行くところ全て前が支えてラストスパートができず4着に終わってしまいました。

昨年のスミヨン騎手が理想通りの走りを見せて楽勝したのとは対照的なレース内容でした。それでも言われているようにブエナが衰えたわけでもないようですし、JCでの巻き返しは可能と見ました。そのためにはジョッキーの人選も含め考えなければならないことが多いと思います。とは言え、次は人気も落ちるのでやり易くなりそうな気がします。

Home > スポーツ > 「天皇賞 秋」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ