Home > スポーツ > 「見事な勝利に感激」

「見事な勝利に感激」

  • Posted by: 草野 仁
  • 2011年11月28日 12:54
  • スポーツ

ジャパンカップの昨日、ブエナビスタ号の応援に出掛けました。

パドックで見たブエナは何時も通り落ち着いているものの少し気迫が欠けているようにも感じられ、今まで一度もそんな思いになったことが無かっただけに大丈夫なのかなと心配になりました。ただ馬体はきっちりと仕上げられ陣営の調整が上手く行ったことを伺わせてもいました。

他ではトーセンジョーダンの出来の良さが目立っており、天皇賞の勝利は恵まれたものではなく馬の力が本格化してきたことを感じた次第です。あとはペルーサ、トレイルブレイザーなどの具合の良さが目につきました。従って、今日はブエナの位置取りと勝負どころでのコース取りが鍵だと思い、2番枠なので後ろに下げて進むことだけは避けて欲しい、必ず最後は外に出すレースをと望みながら観戦しました。

スタートは素晴らしいものでした。さあどうするのかと見ていると好位置6番手で1、2コーナーを回ります。よしこれ以上後ろに位置しなければ良いと思いペースを見ると1000メートルの通過が62秒近くのスローです。バックストレートから3コーナーそして4コーナー手前までしっかり好位置キ―プ。いよいよ直線コース、どこで外に出すかと思っていたら良いタイミングでトーセンジョーダンの外に位置を取って追い出しにかかりました。思わずそれで「良し」と声を出していました。あとは持ち前の根性で追うだけ。剛腕岩田騎手の腕が撓りました。クビだけ抜けたところがゴール、遂に待ち遠しかった栄光のゴールインでG1「V6」達成です。

しかし本当にブエナビスタは凄い馬です。年齢を重ねても少しもその力に陰りを見せず、次第に余分な力が抜けて枯れた感じの強さを見せてくれました。人間に例えれば名人の域に到達した勝負師のように思えます。前走まで3戦して結果が出せなかった岩田騎手も大変なプレッシャーと戦っていたようで本当にほっとした喜びの表情が見えました。騎手の交代もありうるかと思ったりもしたのですが、松田博資調教師は何も言わず信頼の言葉だけ伝えたということで、それに岩田騎手がきちんと答えを出してくれて本当に良かったと思います。今日のような柔軟性の有る乗り方ができるのですからラストランとなる有馬にも希望が持てそうです。

3冠馬オルフェーヴルとの対決に関心が移ります。

Home > スポーツ > 「見事な勝利に感激」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ