Home > スポーツ > 「ブエナビスタ、お疲れ様でした」

「ブエナビスタ、お疲れ様でした」

  • Posted by: 草野 仁
  • 2011年12月26日 12:44
  • スポーツ

25日(日)愛馬ブエナビスタ号の最後のレースということで中山競馬場に出掛けました。

お天気は晴れていて予報よりも暖かく感じるほど、風も余り吹いておらずパドックを見るにもコートは必要ありません。11万人を超える入場者があり場内はやはり結構込み合っていました。

有馬記念出走の13頭がパドックに入ってくると、ぎっしり埋まったパドック席から愛馬の名前や騎手の名前をコールする声が飛びかいます。ファン投票を中心にして選ばれた馬たちですから人気のある馬ばかりでそれも当然です。

ブエナはいつも通り落ち着いています。オルフェーヴルは引き締まった筋肉質の体つき威圧感はありませんがいつでも動き出せそうな機敏さ瞬発力を感じさせます。トーセンジョーダンはやはり元気いっぱい。エイシンフラッシュは黒光りする馬体が調子の良さを伺わせます。ヴィクトワールピサも元気回復の様子、目移りのするパドックです。

さてレースが始まってみるとブエナ好スタートから4番手くらいを追走、行きたい馬があまりおらずスローペースになりました。ブエナのポジションはそれでよし。後はどこで外に回すかだけだと思って見ていると、岩田騎手はそのまま内に入ったまま結局外に出せず殺到する各馬に進路をふさがれ7着でラストランを終えました。勝ったオルフェーヴルは新時代登場を告げるように見事な強さを発揮しましたが、ブエナにはやり残した感を抱かせるレースでした。

それにしても7着で終わったのに全レース終了後の引退式に6万人もの人たちが残ってくださって拍手を送って下さったのには感動しました。いつもただひたすら全能力を発揮して走り続けたブエナにファンの皆さんは様々な思いを抱き、その姿勢に共感を持ってくださったのだと心から感じました。

3年余りの栗東トレセン生活の中で1日も休まず調教調整に臨んできたブエナの健康優良児ぶりは「素晴らしい」の一言です。こんな名馬に一口会員として関わることができたのは最高の幸せです。あとは優秀な子供たちを世に送り出して欲しいと心から思います。夏には会に行きます。本当にお疲れ様でしたブエナビスタ号。

Home > スポーツ > 「ブエナビスタ、お疲れ様でした」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ