Home > 日々の思い > 「地井武男さん、安らかに」

「地井武男さん、安らかに」

昨日青山葬儀所で行われた「地井武男さんのお別れの会」に出席しました。

親交のあった芸能人の方々など800人ほどが参列しました。お別れの挨拶に立った全ての人たちが「地井さんがいかに心優しく、また分け隔てなく心通わせてお付き合いをしてくれたかを語りました。

「太陽にほえろ」で共演した渡辺徹さんは、「家が近かったので僕の部屋に地井さんはよく訪ねて来て、『何だ、女はいないのか』などと言いながら、ちゃんとお土産を持ってきてくれました。あの時頂いたイチゴの美味しかったこと忘れられません」とか、「地井さんの優しさを誰もが感じていて皆心の中で地井さんは自分のものだと思っていました」と思いを吐露しました。

「北の国から」で共演した岩城滉一さんは「富良野のロケ中にお風呂場でぎっくり腰を起して動けなくなったことがありました。ロケから帰ってきた地井さんは私の姿が見えないので、心配して捜しお風呂場で固まっていた私を見つけると、私の体を拭いて服を着せてくれて病院まで連れて行ってくれました。大恩人です」と語りました。

またテレビなどで共演することが多かった萬田久子さんは「『今日も綺麗だね。今日の髪型は素晴らしいね』などといつも私の気持ちを引き立たせてくれました。地井さんのその声が聞きたくて今も留守電にダイヤルしてしまうのです」と萬田さんらしい言葉で思いを表現していました。

私も何度もお仕事で御一緒しましたがいつもそこには笑顔の地井さんがいました。そして心優しく接してくださり会話の中で笑いが絶えませんでした。地井さんが2004年に再婚されたとき、一部週刊誌などで最初の奥様が癌で亡くなられたときにあれほど悲しんだ地井さんが再婚とは早すぎるといった記事が掲載されたことがありました。私は地井さんが奥様の看病などでどれほど力を尽くされたか知っていたので、「全身全霊で奥様に尽くした地井さん、その人が3年を経て新たな人生をスタートさせようと決心されたのですから祝福して差し上げたい」と『THEワイド』の中で言いました。

後日たまたま地井さんと顔を合わせたとき、地井さんは「ありがたい言葉でした」と頭を下げてくださいました。私は一人の人間としての思いを言っただけのことで、地井さんのその言葉に却って恐縮してしまった過去を懐かしく思い出しました。

Home > 日々の思い > 「地井武男さん、安らかに」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ