Home > 日々の思い > 「混迷する政界」

「混迷する政界」

民主党代表選挙も自民党の総裁選挙も顔触れが出そろいましたが、「この人なら」という人が見当たりません。こうなるとやはり橋下徹氏が率いる「日本維新の会」がどこまで支持を広げ、どれくらいの議席数を獲得できるのかが次の総選挙の最大の注目点になります。

もうどうにもならなくなっている民主党や自民党よりも、大局的な目で見た方向性や目指そうとする国の在り方については維新の会の考え方が一般的にも受け入れられやすいところが多いのではないでしょうか。勿論、「にわか仕立ての集団」と見る向きもあるので、こちらに付いた方が有利と見てすり寄って来ている人たちも多く、即有効に機能するかどうかははっきりしませんが、恐らく相当な支持を集めることが予想されます。場合によっては維新の会が中心になった政権ができ上がるかもしれません。

まあ一気に理想的に動ける筈はないので、徐々に軌道修正をしたり、本当の味方ではない人たちを峻別したりしながら前に進んでいく政権ができることが期待されますね。今は全てが機能不全に陥っている状況なので、一刻も早く希望の持てる新しい政権が誕生することを多くの国民は望んでいるのではないでしょうか。

Home > 日々の思い > 「混迷する政界」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ