Home > スポーツ > 「久々の京都」

「久々の京都」

先週土曜日朝、MBSの「知っとこ」に出演して楽しい一時を過ごすことができました。三人の女性司会陣(松島さん、柳原さん、富岡さん)が揃って明るくて笑顔が素敵な方々で話し易く本当に良い雰囲気の番組でした。

終了後、久々に京都競馬場に寄ることにしました。

この日の10レースに期待のリヤンドファミユが出走するからです。お昼前に競馬場に到着。ゆったりとした気分で競馬を楽しむことができました。思えば2013年初めての競馬場での観戦です。

さて10レース、パドックで彼の馬を見ますと体重が前奏より6キロ減って436キロ。元々余り大きな馬ではありませんが、これ以上細くならない方が良いなという感じです。前を歩くミヤジタイガがいれ込んでチャカつくのに影響されて、初めは同じようにチャカチャカしていたのですが、そのうちに次第に落ち着いて来たので安心しました。

レースが始まってみると中団からやや後ろに位置を取り、前を見ながらのレース運び。直線に入ると条件の良い最内にコースを取って、ゴール前楽々抜け出して快勝してくれました。チャンスがあったので池添騎手に「楽に運べた方でしたか」と聞きますと、「とても楽でした。それよりお兄ちゃん(オルフェーヴル)より素直で凄く乗り易いですよ」とのこと。この後も楽しみになってきました。戦績もまずまずで良い気分で帰宅。

ところが翌日、「リヤンドファミユが骨折、直ちに手術」という情報が入りました。少々残念な気持ちにはなりましたが、これが競馬でもあります。馬は生き物でいつ何が起きるか分からないからです。

昔(1996年)、ダンスインザダークが弥生賞を勝ち皐月賞も勝てそうだなと思っていたときに、皐月賞の最後の追い切り前に熱発で出走を回避したこともありました。これが競馬の難しさということは分かっているのでそれほど落ち込むということはありませんでした。できればカムバックしてくれると良いのですが、後肢ですので復帰は難しいのではと思ったりもしています。とにかく元気になってくれれば文句はありません。

Home > スポーツ > 「久々の京都」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ