Home > スポーツ > 「スイートピーステークス」

「スイートピーステークス」

28日日曜日は東京競馬場にエスターブレの応援に出掛けました。

パドックで見た「エスターブレ号」は、馬体はよく仕上がっていたのですが、歩くときにちょっと気持が前に出て少し急ぎ足になる、いわゆるチャカつく感じになっているのが気になりました。ところが本馬場に出てくるとそれは解消し、川須騎手と気持を合わせた返し馬でほっとさせられました。

さて15頭の出走、エスターブレは13番枠、人気は12番人気とほとんどノーマーク状態です。でも高野調教師は前走で騎乗した柴田善騎手から「この馬、良馬場なら良い脚を使いますよ」という話を聞いていて、この日の馬場なら良いレースをしてくれるのではと思っていたようです。私もそれを聞いて密かに期待して観戦に臨みました。

スタートは何時も通り問題なく、外枠なのに5、6番手の好位置を取り、順調に進んでいきます。4コーナーを回って直線に入ると持ったまま前へ前へと出て来て、ゴールまで150mくらいのところではひょっとして首位争いするのではと思えるほどの良い行きっぷりでした。しかし2頭の馬がそこからすっと抜けだして、エスターブレはついて行けず離された位置で3着争いをするも結局ハナ差で4着に終わりました。それでも12番人気を考えると大健闘のレースでした。

この子は飼い葉の食いがとても良いそうで、あとは一つずつ教えたことをきちんと憶えて、一段ずつ階段を上るようにレベルアップして行くタイプで、高野調教師は「教えがいのある楽しみを感じさせてくれる馬だ」と評しています。次の目標は18日東京のカーネーションカップだそうです。

Home > スポーツ > 「スイートピーステークス」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ