Home > スポーツ > 「選抜高校野球を見ていて」

「選抜高校野球を見ていて」

忙しさの中で中々書く時間がなかったため(言い訳です)ブログの更新ができませんでした。

昨日、たまたま自宅で選抜高校野球を見ていて、驚嘆する場面に遭遇しました。準決勝第一試合、敦賀気比高校のこの日6番に起用された(準々決勝では控えに回っていた)背番号17番の松本哲幣選手が一回の表の攻撃で満塁ホームランを放ったと思ったら、2回にも2死満塁で回ってきた打席でまたまた満塁ホームランを放つという、見たこともない奇跡的なバッティングを披露したからです。

いや驚きましたね。松井秀喜さんのようなスラッガーが打ったのなら、「流石」というコメントになっていたと思いますが、レギュラーと控えを行き来していた背番号17番の選手がこの史上初の快挙を成し遂げたことには本当に驚かされました。でもよくよく松本選手について見てみると178センチ75キロと、まずは均整のとれた良い体をしていますし、とにかく練習熱心、素振りも欠かさず前向きの気持ちを持ち続けていることと、左投手に強いということで6番に据えられたようで、監督の見る目が確かだったということにもなります。

人間の運命はどうなるかは誰にもわからないものではありますが、これで松本選手にスポットライトが当たることになりました。これを良い契機にして決勝でも好打し、さらに良い選手へと成長してほしいと思います。インタビューに答えている様子を見ていても、とても冷静で浮かれることもなく、次に目標を据えていることが感じられ好感を持つことができました。がんばれ松本哲幣選手!

Home > スポーツ > 「選抜高校野球を見ていて」

フィード
タグ
写真
  • 12221502.png
  • 12221501.png
  • 03031502.jpg
  • 03031501.jpg
  • 10061401.JPG
  • 10061402.JPG
  • 08041402.JPG
  • 08041401.JPG
  • 03031401.JPG
  • 01291402.JPG
リンク

このページの上へ