Home > エントリー一覧 > 2016年2月 Archive

2016年2月 Archive

「6回目の年男」

今日、私は72歳になりました。こんな年齢まで生きるとは想像もしていませんでしたので、少々複雑な気分ではありますが、たくさんの人たちから祝福をして頂けてそれは有難く嬉しいものです。

今後の生き方としては、年齢を気にせずやれることはきっちりやっていこうと考えています。周りに目を向けるとやってみたいことがいっぱいあるのに驚きます。結果は恐れず、やろうと思ったことに目を向けて、真剣にそれと取り組んでみようと思います。あまり、力まず本当にやれることに目を向けます。

とにかく健康で他人に迷惑をかけることなく、前進したいものです。とは言ってもあまり厳密に縛りをつけてやろうとすると挫折しかねませんので、ある程度緩い枠組みでやっていこうと思います。

「雑感」

先日、番組のロケで九州を旅しました。ほぼ四半世紀ぶりに霧島神宮を訪れてお参りをしました。そのときにおみくじも引いてみたのですが、「大吉」ということで嬉しくなりました。とは言うものの、たくさんのおみくじの中から引いた一枚がそうだっただけで、もし隣のくじを引いていたら違った結果だったかもしれないと思うと、このことで舞い上がるべきでは勿論ありません。ただ、気分が良かったということは間違いない事実です。

話は変わって、期待のラングレーが連勝、リヤンドファミユが久々の勝利をおさめ、日曜日は京都記念でタッチングスピーチが2着に入るという嬉しいニュースが続きました。中でもタッチングスピーチは体がどっしりとして付くべき筋肉が身についたようで、さらに期待できるのではという実感です。もし良馬場だったらもっと良い勝負になっていたでしょう。今後が楽しみになってきました。

「ラングレー」

先日1月24日、注目のラングレーがようやく勝ちました。

この馬はリアルスティールの兄でデビュー時から期待されていたのですが、どういうわけか乗り役が定まらず、成績も伸び悩みました。とはいえ、今回名手川田ジョッキーが乗ったらすんなりと勝てました。乗り役の役割の大きさを改めて感じさせられた勝利でもありました。

再びオープンに上がってどこまでやれるかは分かりませんが、なるべく川田騎手に乗って欲しいとこの馬に期待する人たちは思っていることでしょう。他にも気になる馬がいますし、そうした馬たちが活躍してくれることを心より願います。

エントリー一覧

Home > エントリー一覧 > 2016年2月 Archive

フィード
タグ
写真
リンク

このページの上へ