「プラカードベアラーとして③」

今回の東京オリンピック・パラリンピックは史上初の無観客の開催となった大会でした。
勿論、開会式も無観客で行われました。

新国立競技場はご存じの通り建築家の隈研吾さんが設計をした建物です。
ニュースでも取り上げられましたが、観客席は観客がいるように膨れ上がるデザイン設計となっている会場です。

さて、開会式前によく聞かれたことは、「どこの国のプラカードを持つの?」ということでした。
しかし、それは前日まで我々にも知らされなかったのです。
プラカードベアラーの中でも、自分がどこの国を持つか知りたくてしょうがないという人がいましたが、
どの国の担当になろうともしっかりとベアラーの役割を果たすのが我々の使命です。
従って、私は皆に言葉を投げかけました。
『誰がどこの国を持とうが、関係ない。世界は繋がっている、世界は一つ!』
怪訝な表情をしていた人も次第に理解を示してくれたようで、団結力が強まったのを感じました。

さぁ、いよいよと迫ってきた出番。
私が持つ国の順は先述した通り、
①英領バージン諸島②スイス③パレスチナ④ルーマニアです。

入場が進み、遂に出番がやってきました。

選手団の前に立ち、プラカードを高く掲げます。
自分のもう一つのオリンピックストーリーが始まりました。

選手としてではないものの、元オリンピアンのプライドを持って家族や支えてくれている方々に向けて歩く。
そして何より開会式への参加を13年待った自分のために堂々と歩こう。そう心で唱え出発しました。

競技場内に入ると、リハーサルとは異なる照明や音響、そして配置されている装飾品の変化と、とても新鮮でした。
また、既に入場しているアスリートたちが入場してくる人たちを歓迎する仕草や、それぞれの国のダンスなどをしてとても華やかでしたし、
無観客と感じさせない観客席も、まるで超満員ではないかと思うくらいの光景が目の前に繰り広げられていました。

「これがオリンピックの始まる瞬間なんだ」
ただただ必死にプラカードを持って選手団を先導し、一歩一歩噛み締めるように歩きました。

言葉では表現できないこの思い。

後に妻から言われたことですが、
「先導するたび泣いていたね。子供たちもテレビの前で、パパ泣いてるーって言ってたよ」と。
わが子にとって誇れる父親になれたかどうかはわかりませんが、未来ある子供たちにオリンピックのレガシーを伝えられたのではないかと感じます。
レガシー、それはスポーツに親しむことで得る喜び、爽快感。友情を大切にすること。最後までねばり強く最善を尽くすことの大切さ。

今回、プラカードベアラーとしてオリンピックの始まる瞬間に立ち会うことができて、本当に嬉しく思います。
オリンピックは東京で終わりではないので続く限り、
「人に尽くす、社会に尽くす」は言い過ぎかもしれませんが、世界の平和のために尽くすと言う気持ちを持って日々過ごしていきます。

引き続き、全世界のアスリートの応援をお願いします!

Smile
Sho Uchida

100104.jpg100101.jpg100102.jpg100103.jpg

「プラカードベアラーとして②」

「当日は絶対泣くだろうな」

プラカードベアラーに決まってから、プラカードを持って選手団を引率する自分の姿をほぼ毎日のように想像していました。

選手として参加した北京オリンピックの時は選手村のテレビでオリンピックが始まる瞬間である開会式を見ていました。
テレビでその様子を視聴していただけでも、夢であるオリンピックに参加できた喜びを感じられたため涙がにじみ出てきたため
会場にいる今回は涙がもっと溢れてくることを予期しておりました。

さて、開会式当日、衣装に着替え、会場控え場所にて出番を待ちます。
リハーサルの時とは別の緊張感と興奮が周囲に漂っています。
関係者スタッフ、エキストラの方々、プラカードベアラーの仲間たち、全員が興奮していました。
リハーサルとは異なり、アスリートが目の前で、雄叫びをあげたり、母国の国家を歌っているので、興奮するなと言う方が難しい雰囲気でした。

開会式が始まるその瞬間こそ、会場ではテレビでは見ること、感じるができない格別の臨場感が襲ってきました。
今、思い返すだけでも興奮します。

そしてプラカードベアラーとしての登場が近づいてきます。

入場の順番は、開催国によって異なります。
今回開催国である日本の入場は、五十音順での入場です!
ただし、最初に入場する国は必ず、オリンピック発祥の国ギリシャです。
その後、五十音順で各国の入場となり、
最後は次々回の開催国アメリカ(2028年)、次回の開催国フランス(2024年)
そして締め括りはもちろん開催国日本です。

今回話題となったのは、入場曲がドラゴンクエストの「序曲」だったことです。
開会式のコンセプトはクールジャパン、日本らしさを世界に発信できたのではないでしょうか。
私たちが持つプラカードも漫画の吹き出し風をモチーフにしたデザインとなっていました。

ドラゴンクエストの序曲が流れて、ギリシャが入場。

さぁ、選手と共に入場です!!!

眼前で繰り広げられた風景は次回お送りします!

Smile

Sho Uchida

093001.jpg

「プラカードベアラーとして①」

一年の延期を強いられたものの、東京オリンピック・パラリンピックは無事開催されたことは多くの方にとって感慨深いものがあったかと思います。

閉幕して少し時間が経過しましたが、私自身が今回の五輪にどう関わってきたのかについて3回に分けてお伝えします。

お気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、今回のオリンピック開会式で『プラカードベアラー』を務めました。
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、プラカードを持って各国の選手団を引率する担い手をそのように呼びます。
合計50名のプラカードベアラーがそれぞれ数か国を担当するのですが、私は4カ国(①英領バージン諸島②スイス③パレスチナ④ルーマニア)の引率役を任じられました。

実はオリンピックの選手として参加した2008年の北京五輪では開会式に参加できなかったのです。
私の出場種目である競泳は開会式翌日から始まるため、競泳チームは体力温存のため開会式を欠席せざるを得なかったのが理由です。
一選手としては参加したい気持ちもありましたが、欠席自体は賢明な判断でした。

そのような経緯もあったので、今回プラカードベアラーとして選んでいただいたときは、ようやく「開会式」に参加することができるという感激に浸ることができました。
オリンピックが始まる瞬間というのはオリンピアンとしてはやはり格別な思いがあります。

新型コロナウイルス対策のため、7/23の開会式1週間前から、都内のホテルにて隔離が始まりました。

当日までは、プラカードベアラーとしての役割を果たすべく、共生社会具現化のための、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の研修や、LGBTQ+の世界を知るための講演の受講、多様性な社会を創造するためのワークショップ、開会式会場でのリハーサルを経て開会式当日を迎えます。

次回は、当日のことをお話ししますね!

Smile
Sho Uchida

092101.jpg

競泳オリンピックセレクション⑦

最終日となりました。
本日は50m種目(バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、自由形)と1500mの決勝です。

早速本日の見立てに参りましょう!
※オリンピック正式種目の50m自由形と1500mとにフォーカスさせていただきます。

まず男子の50mですが、既に内定を決めている中村克選手と難波暉(あきら)選手が登場します!
また、この種目の第一人者である塩浦慎理選手も登場します。センターレーンを泳ぐ松井浩亮(こうすけ)選手はスタートから浮き上がりまでの動作がとても上手です。
女子の50mですが、池江璃花子選手が登場します!今大会で自身もつけてきているので泳ぎはもちろん、どれほどの記録を出すか注目しながらご覧ください。(池江さんは50mバタフライにも出場します。自由形まで約1時間あるので、その間の過ごし方、クールダウンの仕方、栄養補給の取り方が重要です)
この種目、スタートからゴールタッチまで一瞬です!
瞬き禁止ですよ!!!

続いて最終日種目は、極端に長くなりますが、男子1500m自由形です。
この種目、2名の内定者が生まれる予感です。
センターレーンを泳ぐ平井彬嗣(あやつぐ)選手と隣を泳ぐ渉瑚(しょうご)選手です。
この種目は100mをテンポ良く泳ぐことが重要です。疲労が溜まり、腸が捻転しだして、呼吸が荒くなってくるときにいかにして耐えられるかがカギとなります。
2人で鍔迫り合いをしながら代表権を獲得してほしいです!

さぁ、最終日、テレビの前で大きな声援をお願いします!!

Smile
Sho Uchida

競泳オリンピックセレクション⑥

男子200m個人メドレー、萩野公介選手が1.57.43で残り1枠の代表権を獲得しました!
瀬戸大也選手と最後の最後まで接戦でした。
両者ともにレース後のインタビューでは、一緒に戦えたことの喜びを爆発させていたのが印象的です!
ライバルの存在はとても重要だと感じますね!

さて、本日の見立てです。
決勝種目は3種目です!

まず、男子100mバタフライですが、準決勝で川本武史選手の日本タイ記録が樹立されました。
決勝では、日本新記録更新に期待しましょう!
勝負の行方は神のみぞ知ることでしょうが、川本選手の他、準決勝で力みなく泳げた萩野公介選手の高校の後輩である水沼尚輝選手、昨年度学生選手権獲得者であり私と同郷の田中優弥選手、スプリント力と持久力を兼ね備えている石川愼之助選手、はたまた専門種目外ではあるものの昨年末に開催された日本選手権で優勝者であり今大会200m自由形で日本新記録を樹立した松元克央選手か。
先行逃げ切りのレースとなり、粘り勝ちとなるのか。ゴールタッチまで誰が勝つのか目が離せません!

女子200m背泳ぎ。
100m背泳ぎで代表権を獲得している小西杏奈選手がセンターレーンを泳ぎます。
待ったをかけるのは、200mを得意とする古林毬菜選手と、赤瀬紗也香選手、400mリレーで代表権を獲得している酒井夏海選手が出場します!
派遣標準記録を突破し、上位2名は誰になるのか。目が離せません!!

女子800m自由形。
こちらの種目は400m自由形で既にオリンピック内定をしている小堀倭加(わか)選手と、難波実夢(みゆ)選手が出場します。
高校生スイマーの青木虹光(にこ)選手がどこまでついていけるのか。はたまた化けるのか。 
精密機械のようにラップを刻み続ける種目です。

本日はどんなドラマが起こるか、ワクワクしてしまいます!
またご報告します!!

Smile
Sho Uchida

1  2  3  4  5  6