松本克央選手の日本記録

新年度素晴らしいニュースが舞い込んできました!

KOSUKE KITAJIMA CUP(水泳界のレジェンドである北島康介選手の冠大会)で、200メートル自由形において松本克央選手が1分45秒13
ラップは、
24.35
26.83(51.18)100mラップ
27.50(1.18.68)150mラップ
26.45(1.45.13)200mラップ

自身の持つ日本記録を0.09秒更新したものです。

選手は0.01を更新するために日々努力しています!冬場のトレーニングの成果が現れました。

と、ここまでは日本記録が出て素晴らしい!と終わるのですが、何よりも注目していただきたいことは、この時期(1月)に日本記録が出たということ。
理由は、1月の時期というのは鍛錬期中であり、焦点を合わせておらず完全に調整をせずに挑んでいるのです。
いわゆる冬場のトレーニングの成果をみるためのトライアルと位置づけている時期です。
大会の結果をみて、課題克服をし、4月(日本選手権が行われる)に向けていくという流れです。

例えば、後半バテてしまったら、有酸素持久力系の練習を組み込みながら、スピード力を落とすことなく短い距離を全力で泳ぎ続ける練習を入れ、調整していきます。

今回は直接泳ぎを見ておらず、タイムのみですのでレース運び(泳ぎ方、疲れ具合等)が分かりませんが、今後期待したいことを述べます。

まず、最初の50m。
23.7~8で楽にターン。(約0.5秒短縮)

続いて、50m~100m。
今回と同じタイムくらいでターン。(あまりタイムを落としすぎない。)
(100mまでで、約0.5秒短縮。余力を持ち50秒台でターンできると素晴らしい!)

重要である、100m~150m。
ラスト50mでまくりあげるようにラストスパートをかけるため、この距離で一旦タイムを落としてしまう人が多い。(ちなみに私の場合はここでスパートをかけるかの如く泳ぎのテンポを変え、力強いキックを打ち込んでいました。)
今回、松本選手も27.50とやや落としてしまった?落ちているので、26.7~8でまとめる。(約0.7秒短縮。150mまでで、約1.2秒短縮。)

ラストの50m。
根性論と言われてしまうかもしれませんが、ゴールタッチまではもう、「足と腕がもげてもいい!」というほど強い気持ちと、力強い泳ぎをしてほしいです。
私は水の中で発狂しながら、泳いでいた記憶があります。(発狂しても水の中ですので聞こえないのでおおいに発狂してもらってかまいません!笑)
タイムは、25秒に近いタイム(26.1~3)でまとめられるといいですね。(約0.2秒短縮。)

ざっくりではありますが、合計で約1.4~5秒短縮となります。
とすると合計タイムは、1分43秒63。

以前、私のブログ(12/20更新のブログ)で書きましたが、このレースプランでタイムを出すことができれば、オリンピックで金メダルをとれる!

松本選手にはプレッシャーをかけしまいますが、同じ種目で日本記録を持っていた人間からすると、是非見てみたい!

皆様も「松本克央」を応援してください!

Smile
Sho Uchida

あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

年明けの記憶といえば、選手時代を思い出します。
海外での年越しが多く、中でもアメリカでの年越しが最も記憶に残っており、とりわけ2008年です。
そう、北京オリンピックの年です。
あの時は誰よりも早く起きて初日の出をみたんだよなぁ(^^)
広大な大地から朝日が出てくる瞬間、体中にパワーが注入されたような気分でした!
(実はルーティーンや、願掛けということをする人間ではないんですが、その時ばかりは何故か体が勝手に動いたのです。不思議なものですねぇ。笑)

しかし今年は未曾有の事態により、例年とは異なる年越しを迎えたことかと思います。

でも、考え方一つなんでしょうね。

『コロナだから何もできない』

ではなくて、

『コロナだからこそ何かをしよう(得よう)』

未曾有の厄災が、物事を大きく進歩させるのではないでしょうか。

物事を考える際、プラスに捉えるか、マイナスに捉えるかにより、結果に大きな差が生じます。

何事もプラスに考えられるように意識を変換できるといいですね。

私の今年の目標は、『ポジティブに行動する』です。

皆様の今年の目標や課題はありますか?

今年も楽しく、元気に、ハツラツと頑張ります!!



Smile
Sho Uchida

2020年→2021年

今年は新型コロナウイルスの影響により、何かと制限があった年でしたね。

緊急事態事態宣言、活動自粛、テレワーク、時差出勤、ソーシャルディスタンス等々。

また、その影響により、スポーツやイベント事の中止や延期が多く見られました。

その中でも、東京オリンピックの延期は世界中のアスリートの競技人生に影響をもたらしたといっても過言ではありません。
4年に一度開催されるオリンピックにかける想いは人それぞれですが、1年延期となると加齢することで身体のコンディションが変わり、見た目では感じ取れないズレが生じます。
4年間調整して積み上げたものをもう一度リセットして作り直していかなければいけないため、ピークを迎える時期がズレることで身体への負担は大きくなります。
開催サイドは、どうにか開催したいという意向があるかと思いますが、延期というオリンピックの周期を変えることはアスリートにとっても人生が変わってしまう大きな問題です。
人生は運否天賦ではありますが、無理なく開催されることを切に願います。

新しい生活様式が強いられた2020年。
当初は戸惑いもありましたが、現在では定着したように感じます。
間もなく明るい未来が迎えられるであろうと空想にふけてしまいますが、全てにおいてその機運が醸成されることを期待します。

さて、2020年も残り数時間となりました。

新しい年を迎えるということで、やや落ち着かない気分になってしまいますが、、、

良い年をお迎えください♪

Smile
Sho Uchida

ルカリオというポケモン

ポケモンのネタ投稿です!

ポケモン全てが大好きですが、その中でも『ルカリオ』というポケモンが大好きです!
見た目からして、強そう!カッコいい!のです。

ルカリオについてご紹介します。ポケモンにはタイプがあります。
例えば、ピカチューであれば『でんき』です。
ルカリオは、かくとうタイプだけでなく、はがねタイプを複合タイプとして持つポケモンです。そのため他のかくとうタイプ異なり耐性が多く、特に他かくとうタイプが弱点突かれてしまうフェアリー技やエスパー技で弱点を突かれないのが特徴なポケモンです。

毎週日曜日あさ8時からテレビ東京系列で放映している『ポケモンの家(うち)あつまる?』でも、よくバトルに起用されているポケモンでもあります!

私は『ポケモンGO』というスマートフォン向けアプリで、ポケモンマニアとしてポケモントレーナーを目指しているのですが、この『ルカリオ』というポケモンを入手するために大変時間がかかりました。

というのも、ルカリオの入手方法ですが、まず進化前の『リオル』というポケモンを入手しなければなりません。
リオルは、野生(通常の出現)では出現はせず、1週間で50キロ歩いたらもらえるウィークリーリワードと、ポケストップというアプリ内のフィールド上でモンスターボールなどのアイテムを獲得できる施設(スポット)から出る『10キロたまご』からしか孵化しません。(※イベントによって異なる場合あり。)

また、そのたまごを孵化させて必ずリオルが孵るわけではないため毎週ドキドキワクワクしながら過ごしています。

孵化させるために10キロを歩き、孵化をする画面になった瞬間のドキドキ...
「あー、また違うポケモンだ...」(もちろん他のポケモンであっても嬉しいんですけどね。笑)

リオルを入手するためにたくさんの時間を費やし、来る日も来る日も歩き続けました。

それでも運命の瞬間というのは突然現れるもので、娘と散歩をしていた時にふと携帯を見ると、孵化をする瞬間でした。孵化をさせていたことを忘れていたんです。(こらこら(°▽°)ポケモンへの愛情はどこいった!←自分へのツッコミ。)
淡い期待を抱きながらも、見ていたらリオルが登場!!しかも続いて2つ目の10キロたまごからもリオル登場!!!!
この時ばかりは『やべぇ!』と興奮気味に周りを気にせず口にしていました。笑

現在は、ポケモンGOを進めながらルカリオの強化をしています。

ポケモンを語ればまだまだネタは尽きませんが、少しずつブログに投稿できたらと思います!

Smile
Sho Uchida

駅伝の季節

駅伝の季節がやって参りました!
私の本業は水泳ですが、スポーツを観戦することが大好きなのでテレビを見たり、時間がある時には現地に行ったりもします。

母校、会社の襷をつなぐ駅伝。
日曜日に行われた高校駅伝を見ていて『ウルッ』ときました。
涙なしでは見ることができません!
私の涙腺は、元旦に地元群馬県で行われる『ニューイヤー駅伝』に始まり、『箱根駅伝』、野球の『甲子園』、音楽の祭典『紅白歌合戦』で崩壊します。
※もちろん他にもたくさんありますよ(;_;)

スポーツだけにとどまらず、感動ものに弱いようです。笑

20日の高校駅伝では、広島県の世羅高校が男女アベック優勝を果たしました。
過去のアベック優勝では、1991年(福岡県、男子:大牟田、女子:筑紫女学園)、1993年(宮城県、男女共に仙台育英)、2015年(広島県、男女共に世羅)、2019年(宮城県、男女共に仙台育英)とのことです。

過去に遡り、スポーツの歴史を学ぶ時間はスポーツ大好き人間としては至福の時間です(°▽°)ニヤニヤしてしまいます。笑

やや表題から離れますが、寒い時期といえば、学校行事の中でも断然トップを飾るほど気が重たかった「持久走」を思い出します。
特に水中の競技をしていた立場からすれば、「10キロ走れ!」と言われるよりも、「10キロ泳げ!」と言われるほうがはるかに楽です。実際、コーチや学校の顧問の先生から、「これもトレーニングの一環だ!」と諭されて渋々走っていた記憶があります。

水中と陸上では筋肉の使い方が異なるので、自分の走り方が正しかったか自信が持てませんが、幸いなことに水泳で心肺機能が養われていたため、持久走大会では上位に入ることができました。これもまた水泳で結果を出すための一助となっていたのかもしれません。

さて、なぜ冬に走るのか?ということを考えてみます。諸説ありますが、夏に比べ脱水症状になりにくいということと、冬になると運動量が減るため基礎代謝を向上させるということがその理由となっているようです。
もちろん、春夏秋冬いつの季節も、急に体を動かしてしまうと心臓や体に負担を与えてしまうため、準備体操、準備運動をしっかり行わねばなりません。

まもなく年の瀬。
先に書きました、ニューイヤー駅伝、箱根駅伝開催が目前と迫っております。
どんなドラマが繰り広げられるか楽しみです!

涙腺は号砲と同時に崩壊しますが、選手の頑張りを最後まで見届けます!

Smile
Sho Uchida

前へ 1  2  3  4  5  6  7  8