聖火ランナーとして走ってきました②

いざ、出発式!
たくさんの人たちの拍手で見送られ専用のバンにランナーが乗り込み、コレクションポイント(走る位置)まで向かいます。

ちなみに、すんなりとコレクションポイントまで行けるわけではありません。
というのも、聖火が走るコースを、広報車両のパトカー、警察機動隊車両、オフィシャルスポンサー車両、スタッフ用車両、報道・記者車両、交通規制を解除する警察車両と、合計で32台も通るのです!
一言でいうと、まるでディズニーランドのエレクトリカルパレードです!
特にオフィシャルスポンサー車両では各スポンサーごとにMCがいて、大音量の音楽と盛り上がるスタッフがいるのでとにかく『明るい!賑やか!華やか!』そりゃ盛り上がってしまいますよね!の言葉しか見つかりません!
なので出発までに時間がかかるのです。

聖火ランナー全員が同じ空間にいるのですが、皆初対面の方々です。しかし、以前より知っていましたっけ?というくらい自然に打ち解けて話しができました。
いわゆる「ワンチーム」となっていました。オリンピックが人と人とを繋げてくれるを実感できたのです。

さて、いよいよ第1走者が出発!

聖火が出発すると、隊列はゆっくりと動き出します。
私は21名中、7番目を走行します。
専用のバンがコレクションポイントになると止まり、スタッフから聖火トーチを渡され、バンなら中にいるこれから走るランナーから拍手で見送られます。

自分の番が近づいてくると、ワクワクであった感情はドキドキに変わります。

そして出発地点に到着。
中山秀征さんより、グータッチで見送られいざ、トーチを持ち下車。

降りると、応援に駆けつけてくれた方々がいてくれました!

ここで、私の中で変化が起こります。
「???あれ??」
そうです。今にも泣き出しそうなのです。
というより、泣いていました。

(ここから内田翔の心の中でのやりとり)
「待て待て、どうした?感極まったか?まだ早いだろう。いやいや、泣いてないだろう。冷静になれ!まだトーチ持って、車から降りただけだろ!
あ!そうだ!ドライアイだからちょうどいい!風が強いってことにして、ドライアイということにしちゃおう!」

なんでしょうか。不思議な瞬間に捕われました。
同級生もいたので、写真撮影をしたり、子供たちにトーチを持ってもらったりと平常心を保つことに成功!(成功というのかわかりませんが、平常に戻れました)

私の前を走る方の聖火が見える頃になると、より周囲は盛り上がりを見せます。

(再度ここから心の中でのやりとり)
「ドキドキ。あれ??おいおい、待てよ。またか?どうした涙腺。さっきまで平常だったじゃないか。そうか!風が強いのか?ドライアイだからか?」

スタッフ
「まもなく聖火が到着します!トーチにガスを注入します。こちらまでお進みください。」
誘導され、前走者が到着。
トーチキス(トーチとトーチを合わせること。聖火を繋ぐ作業。)をしてトーチに聖火が灯りました。

とても暖かい。
これが聖火。
アテネで灯された火を今自分が受け継ぎ、手にしている。

はい。涙腺崩壊です。
もう諦めて、思う存分楽しみながら思いっきり泣いてやろう!と思いました。

走りながら沿道の声援に手を振りできる限りの笑顔で応えつつも、涙で前がよくわかりませんでした。(並走してくれているスタッフが誘導してくれるのでしっかりと走れました)

次の走者へ聖火を渡すと、寂しい気持ちと、やり切った気持ち、スッキリした気持ちが交錯しました。

走行後は、家族や親戚、友人たちが集まっていてくれたので写真を撮りました。
すぐに、回収車が来たので会話は覚えていません。
ただ、我が子には『カッコいいパパ』を見せられたのではないかと思います。

その後は、バスの中で走ったランナーを迎え入れ、スタート地点に戻り、解散式をして、終了。

あっという間に終わったイベントでしたが、オリンピックに行くために人生をかけてきたことを思い出したら、聖火が灯った瞬間に感動して泣いてしまいました。

現在はコロナ禍で思い描いた行動はできませんが、スポーツの力で世界を笑顔にしたいですし、笑顔の輪を広げていって世界中を元気にしたいと思いますし、私にはそれができることを確信しています。

涙は流しましたが、笑顔で聖火を繋ぐことができました。

自分にとって大切な1日となったことは間違いありません。

感謝とともに、これからの日々を堂々と生きていく!
これこそが自分を育ててくれたオリンピックへの恩返しです!!

さて、水泳の日本選手権(オリンピックトライアル)も始まりました。
このことについても書きますので、、お楽しみに♪

Smile
Sho Uchida

聖火ランナーとして走ってきました①

『まさか泣くとは思いませんでしたよ』
なんて突拍子もない言葉から始まるのも、たまには良いかと思います。

聖火ランナー、走ってきました!

正直今思い返すとあっという間の200mでした。
しかし実際走ってみると、「結構長いな」という印象です。

ここからは一連の流れを簡単に説明します。
聖火ランナー当日、16時半に集合し、受付を済ませます。
受付で、2週間前から記入していた検温票を渡すと、走る服(ユニフォーム )、ランナーパス(ユニフォーム を着用していない時に首から下げてランナーだと一目で見てわかる通行証)、チームコカコーラのグッズを受け取りました。

聖火ランナーの選出基準は、組織委員会より選出(自治体からの推薦)、オフィシャルスポンサーからの推薦及び公募、自治体の公募より選出となっています、

私の場合、コカコーラ様の公募によって選出されました。(走りたい気持ちを文章にして提出した結果、選ばれました!)
やや脱線はしますが、コカコーラが小さい頃から大好きだったので、当日のコカコーラデスクでの受付で「コカコーラは私の血液です!」と伝えましたところ、コーラをいただきました!すぐ一気飲みです。(脱線失礼いたしました。笑)

それにしても受け取ったユニフォームを更衣室で見ていたらニヤニヤが止まらないんです(//∇//)
『遂に走る時が来たぞ〜』という興奮です。

説明会が始まり、諸々の説明と注意事項を受けた後、いざ出発です!!

群馬県は3月30日と31日であり、高崎は群馬県の大トリです。
高崎市役所を出発して、最終ランナーである、中山秀征さんが『Gメッセ群馬』へ向かい、盛大なセレブレーションを行うという流れです。高崎の聖火は21名で繋ぎます。

『まさか泣くなんてね〜』
後半に続きます(^^)

Smile
Sho Uchida

オリンピックの選手村は24時間営業

ついに聖火リレーがスタートしました!
私の順番もまもなくです!ワクワク、ドキドキしています。

さて、今回は「オリンピックの選手村について」お話しします。
私の競技種目は水泳だったので規則正しく、生活ができました。

というのは、減量がある競技(レスリングや柔道、ボクシング等)は規則正しい生活はあるものの、計測日前には、減量に時間を割きます。
失礼ではありますが、「大変だなぁ」と思っていました。

私の先輩であるレスリングの方が「水も飯も食わないで練習して減量するから、試合になると猛獣になる」と言っていました。
お腹は減る、喉は乾く。しかし食べられない、飲めない。
なんともすごい競技だと感じました。

ですから、計測が終わると、彼らはとにかく食べて食べて食べる。
(嘘のように聞こえますが、「そんなに食べて大丈夫?」と心配になるくらい食べます)
記憶にあるのは、選手村での食事の後、カップラーメンを5個、雑炊(私が持っていって余ったもの)10個、春雨スープ(こちらも私が持っていって余ったもの)3個...。
目が点です。いやはや、笑いが出てしまったほどです。まさに獣です。

このように選手村は、憩いの場やメディアから離れられる場所となっていますが、コンディションを整える場所ともなっています。

食堂はもちろん、400mトラックがあったり、50mプール、サウナ、ウエイト場(トレーニング施設)、娯楽施設(ゲームセンター等)、カフェ等々。
全てが整っていると言っても過言ではありません!(※選手村内はアルコールの持ち込みができないため、バーや酒類を提供する施設はありません)

この施設全てにおいて『24時間営業』です!

先に書いた通り、コンディショニングを必要としている競技の方や、予選が早い時間に行われることによって選手村でウォーミングアップを行って会場に向かう方に向けて開放しています。
※ちなみに、私が出場した北京オリンピックの食堂は、洋の東西を問わずイタリアンから中華、果てはエスニックまで多種多様でした。特に中国ならではの料理、北京ダックはたくさん食べました!(競技終了後)そして、食堂はとにかく広い!端から端までが遠い!手を振られても誰だかわからないくらいの距離です。

競技終了後にほぼ全ての施設をまわりました。

オリンピック開催地ごとに若干の差異はありますが、オリンピックの選手村は至れり尽くせりの場所だということ。
(選手村に入る前は入り口に、空港でよく見る手荷物検査場の機械や金属探知機のゲートが設置されており、IDパスを専用の機械にかざして、ようやく入村できる仕組みです。ですからセキュリティは万全です!)
だからこそ、選手たちは安心して休めたり、次の試合に向けてパワーをチャージできる場所だとご理解いただけたら嬉しいです!

さぁまもなくですね!
西洋で咲いたオリンピックの火を今か今かと待ち望んでいます!

Smile
Sho Uchida

オリンピックの豆知識②

オリンピックの豆知識(トリビア)第二弾です!

2回目は、「オリンピックシンボルが意味するものとは」です。

そこで、クイズです。
次のうち、オリンピックシンボルが意味しているものはどれ!
①大陸
②人間の感情
③自然
④人間にとって必要なもの

チッチッチッチッ...(_ _).。o○

正解は、

実はいずれも正解なのです!!!

①は五大陸を指します。
アメリカ大陸、アフリカ大陸、アジア大陸、オセアニア大陸らヨーロッパ大陸(オリンピック憲章では、ユーラシア大陸ではなくヨーロッパ大陸としています)

②は、喜び、怒り、哀しみ、楽しみ、分かち合いを意味します。

③は、水、砂、土、火、木(森林)になります。

④は、情熱、水分、栄養、技術、体力です。

そうするとそれぞれどの要素がどの色なの?という疑問が生じてしまいますね。
それを問題にもできそうですが・・・

実は皆さんそれぞれの解答が正解なのです。
自分が当てはめた色こそが正解ということです。

「みんな違って、みんないい」ですね。

さて、次回も楽しみにしていてください!

Smile
Sho Uchida

オリンピック豆知識①

日に日に暖かくなり、春が近づいてきたと感じることができる今日この頃です。

まもなく我が街に訪れる聖火ですが、3月31日に聖火ランナーとして走ります。
「走る練習はしているの?」、「何メートル走るの?途中で足つらないようにね!」と周囲の皆様にご心配頂いております。

確かに引退して10年が経ちますが、普段から適度な運動を心がけていますので、大丈夫です!(おそらく。笑)ちなみに、聖火ランナーを走る距離は全てのランナーが約200mを走ります。

さて、オリンピックイヤーですのでオリンピックの豆知識を!

オリンピックシンボル(オリンピックの旗。結び合う5つの輪で構成されるシンボルのこと。)は何色で構成されているでしょうか。

簡単ですね。6色です!

ん?5色でしょ?と思われる方、実は6色なのです。
「青、緑、赤、黒、黄・・・もう一色は?」

勿論「白」です。

必ず白い旗(白の)の上に5つのシンボルが描かれています。

実はこの6色で世界各国の国旗を描くことができるのです。

つまり、世界は繋がっている・・・オリンピックシンボルにはそのような意味があるのです。

また第二弾の投稿を楽しみにしていてください!

Smile
Sho Uchida

前へ 1  2  3  4  5  6