東日本大震災から10年

先日の3月11日で東日本大震災から10年経ちました。

もう10年か。と思ってしまいますが、風化させてはいけないことだと思います。

ただ、私自身は東日本大震災の大きな揺れの恐ろしさを知らないのです。
と言うのは、当時まだ現役だった自分は恒例の海外合宿のためシンガポールにいました。
花粉症が持病であり、それを避けるためにかの地にいたのです。

その日、震災のことをまだ知らぬまま午後の練習に向かうとシンガポールの友人やジムの方々が、
「翔は大丈夫かい?」
と心配した表情で声をかけてきました。

至って元気であるものの、練習での疲労が蓄積されていたため、
「元気だけど少し疲れているよ」
と答えましたが、
「そうじゃない!君の家族だ!」
と言うのです。

彼らの言っている意味がよく分からなかったものの、
練習前のストレッチと準備運動を行うためジムに向かいました。
すると中にいた人たちが動きを止めテレビに夢中になっているのです。

翔「何かあったの?」
ジムスタッフ「MIYAGI,JAPANは知っているかい?」
翔「知っているよ?どうしたの?」
ジムスタッフ「大きな地震が起きたらしい」

ふとテレビに視線をやると、その映像は今まで見たことがないものでした。
テレビの端には確かに『MIYAGI,JAPAN』とあり、見るのにはあまりにも辛い映像が流れていました。

この時点でようやく事の重大さに気付きました。

今でこそスマートフォンやネットワーク環境の普及は当たり前の時代となっていますが、10年前はまだ特定の場所でなければ最新の情報を瞬時に得られない時代でした。
従って大地震のニュースもジムに到着してはじめて知ることになったのです。

慌てて実家に連絡を入れても勿論携帯は通じなくなっており、家族の安否もつかめませんでした。
連絡がとれたのは練習後です。
父から「地震があった。こちらは無事。安心して練習に励むこと!」とメールが入っていたので、安心したことを今でも覚えています。

たくさんの命が地震によって奪われました。私の大切な友人も命を落としました。
会えばいつもたわいもないことを話したりしていた友人です。

思い立って原稿を書いたのは、10年という節目を迎えたこともありますが、
実は友人が夢に出てきて
「おい!人生サボってんなよ!」
という何ともリアルな夢をみたからなのです。
霊的なものを感じやすいタイプではないのですが、その友人が夢に出てきて刺激ある言葉を発して帰って行ったことは何かあるのでないかと思いました。

昨年来、新型コロナウイルスの影響で世界中がパニックとなりました。
しかし今ではワクチンが開発され、明るい兆しが見られています。

ピンチはチャンスと言いますが、このピンチこそがこれからの世界及び日本のイノベーションを進展させるきっかけとなるだろうと信じています。

下は向かない。
前を向こう!

Smile
Sho Uchida

オリンピック開催に向けて

3月になりました。

子供の時に比べると1年経過することが本当に早く感じるようになりました。

1日1日を大切に過ごしていきたいです。

さて、今月末(31日)は遂にオリンピック聖火ランナーとして走ります!

オリンピアンとして、西洋(アテネ)で咲いた花(聖火)をしっかりと掲げて走ってまいります!

東京オリンピックは、開催に向けて着々と進んでいます。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の新会長が森喜朗さんから、橋本聖子さんへと引き継がれました。

また、新型コロナウイルスのワクチン接種も世界各地、日本でも始まっております。

何かと新しいことが追い風となるように期待をしてしまいますが、高望みはせずに、今はグッとこらえ、オリンピックの成功を願っております。

私も含めてですが、一人一人の行動が未来を変えます。

ありきたりの言葉しか見当たりません。

しかし、このありきたりの言葉こそが大切なんだと改めて実感しています。

スポーツには未来を変える力があると信じています。

だからこそ、一つになろう。

そんな想いものせて、聖火ランナーを走ってきます。

Smile

Sho Uchida

オリンピック開催に向けて

3月になりました。

子供の時に比べると1年経過することが本当に早く感じるようになりました。

1日1日を大切に過ごしていきたいです。

さて、今月末(31日)は遂にオリンピック聖火ランナーとして走ります!

オリンピアンとして、西洋(アテネ)で咲いた花(聖火)をしっかりと掲げて走ってまいります!

東京オリンピックは、開催に向けて着々と進んでいます。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の新会長が森喜朗さんから、橋本聖子さんへと引き継がれました。

また、新型コロナウイルスのワクチン接種も世界各地、日本でも始まっております。

何かと新しいことが追い風となるように期待をしてしまいますが、高望みはせずに、今はグッとこらえ、オリンピックの成功を願っております。

私も含めてですが、一人一人の行動が未来を変えます。

ありきたりの言葉しか見当たりません。

しかし、このありきたりの言葉こそが大切なんだと改めて実感しています。

スポーツには未来を変える力があると信じています。

だからこそ、一つになろう。

そんな想いものせて、聖火ランナーを走ってきます。

Smile

Sho Uchida

森会長の辞任について

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長が先日辞任されました。

日本に限らず世界のニュースでも大きく取り上げられるということは、コロナ禍におけるオリンピック・パラリンピックの注目度が高いということを示していたのではないでしょうか。

さて、私も先日電話にてメディアの方から取材を受けました。(詳細は、発表されてから改めてご報告します。)

取材内容は、『①森会長の辞任について』、『②後任の方に期待すること』です。

まず、辞任についてですが、女性蔑視やその他コメントについては不適切であったと思います。
この点に関しては大変残念ではありました。
ただ、森会長が2014年に組織委員会の会長に就任されてから、東京2020大会を成功に導くために、政界との調整、IOCや各国との交流及び折衝、等々ご尽力されたことは紛れもない事実です。
森会長だからできたことも沢山ありました。従ってその部分は冷静に評価すべきことだと思います。

次に、後任の方についてですが、どなたがなろうとも、全てを払拭するのではなく、今まで森会長がされてきたことにプラス(積み上げて)して、大会を成功に導いて欲しいです。

ややもすると一定の方向に世論が傾き、それに違う意見を表明し辛い雰囲気も感じられます。でも、それぞれの立場の人たちが自身の意見や考えをしっかりと伝え、皆が理解し、解釈して、よりよい解決を導き出して物事を成し遂げていくべきだと私は感じます。

今後の動向が気になるところではありますが、東京オリンピック・パラリンピックを成功させるという気持ちを皆さまに今一度持っていただきますことを祈ります。



Smile
Sho Uchida

松本克央選手の日本記録

新年度素晴らしいニュースが舞い込んできました!

KOSUKE KITAJIMA CUP(水泳界のレジェンドである北島康介選手の冠大会)で、200メートル自由形において松本克央選手が1分45秒13
ラップは、
24.35
26.83(51.18)100mラップ
27.50(1.18.68)150mラップ
26.45(1.45.13)200mラップ

自身の持つ日本記録を0.09秒更新したものです。

選手は0.01を更新するために日々努力しています!冬場のトレーニングの成果が現れました。

と、ここまでは日本記録が出て素晴らしい!と終わるのですが、何よりも注目していただきたいことは、この時期(1月)に日本記録が出たということ。
理由は、1月の時期というのは鍛錬期中であり、焦点を合わせておらず完全に調整をせずに挑んでいるのです。
いわゆる冬場のトレーニングの成果をみるためのトライアルと位置づけている時期です。
大会の結果をみて、課題克服をし、4月(日本選手権が行われる)に向けていくという流れです。

例えば、後半バテてしまったら、有酸素持久力系の練習を組み込みながら、スピード力を落とすことなく短い距離を全力で泳ぎ続ける練習を入れ、調整していきます。

今回は直接泳ぎを見ておらず、タイムのみですのでレース運び(泳ぎ方、疲れ具合等)が分かりませんが、今後期待したいことを述べます。

まず、最初の50m。
23.7~8で楽にターン。(約0.5秒短縮)

続いて、50m~100m。
今回と同じタイムくらいでターン。(あまりタイムを落としすぎない。)
(100mまでで、約0.5秒短縮。余力を持ち50秒台でターンできると素晴らしい!)

重要である、100m~150m。
ラスト50mでまくりあげるようにラストスパートをかけるため、この距離で一旦タイムを落としてしまう人が多い。(ちなみに私の場合はここでスパートをかけるかの如く泳ぎのテンポを変え、力強いキックを打ち込んでいました。)
今回、松本選手も27.50とやや落としてしまった?落ちているので、26.7~8でまとめる。(約0.7秒短縮。150mまでで、約1.2秒短縮。)

ラストの50m。
根性論と言われてしまうかもしれませんが、ゴールタッチまではもう、「足と腕がもげてもいい!」というほど強い気持ちと、力強い泳ぎをしてほしいです。
私は水の中で発狂しながら、泳いでいた記憶があります。(発狂しても水の中ですので聞こえないのでおおいに発狂してもらってかまいません!笑)
タイムは、25秒に近いタイム(26.1~3)でまとめられるといいですね。(約0.2秒短縮。)

ざっくりではありますが、合計で約1.4~5秒短縮となります。
とすると合計タイムは、1分43秒63。

以前、私のブログ(12/20更新のブログ)で書きましたが、このレースプランでタイムを出すことができれば、オリンピックで金メダルをとれる!

松本選手にはプレッシャーをかけしまいますが、同じ種目で日本記録を持っていた人間からすると、是非見てみたい!

皆様も「松本克央」を応援してください!

Smile
Sho Uchida

前へ 1  2  3  4  5  6